35日サイクルの返済
キャッシング比較ならキャッシングの達人
「キャッシングの達人」なら、消費者金融から銀行まで全国で利用できるキャッシング・ローンを比較できます。また、キャッシング・ローンを賢く利用するための情報も豊富に掲載しています。
キャッシングの達人 > Q&A > 35日サイクルの返済日があるのはなぜ?

35日サイクルの返済日があるのはなぜ?

2つの返済期日

キャッシングの返済期日には、「毎月指定日」と「35日サイクル」の2つからどちらかを選択するという場合があります。

「毎月指定日」というのはわかりますが、「35日サイクル」というのはどういうものなんでしょう?

これは、通常月1回ある給料日プラス数日の猶予期間ということで35日と設定したといわれています。

現在では毎月指定日というのが主流となりつつありますが、そんな中で現在も35日サイクルを選択できる会社は以前からその仕組みを継続しているということです。

とはいえ、この場合毎月返済日が変わりますから、「返済のど忘れ」が増えてしまいそうです。

双方にメリット がある?

にもかかわらず、この35日サイクルを継続しているのには、キャッシングを提供している金融機関側にもメリットがあるということなのでしょう。

考えられることは、毎月返済の場合は年12回返済日が来ますが、35日サイクルの場合は年10.4回の返済日です。利用者としては年間1.6回分返済しなくても済むわけですから、負担がその分軽くなります。
逆に言うと、貸し手側は返済を遅くした分利息が少し増えるということがあるのかもしれません。

また、最近は返済日の直前にメールでお知らせしてくれるサービスなどがあり、「返済のど忘れ」という問題をクリアできるようになったことも一因かもしれません。

もしくは、35日サイクルでの返済は、毎月指定日での返済に比べて任意返済がやりやすいという利点があるので、利用者の要望で残されているのかもしれません。

どちらを選ぶべき?

いずれにしても、利用者からすれば選択肢があることは良いことで、この2つの仕組みから自分にとって利用しやすい方を選んで効果的に活用できれば、完済の近道になることは間違いありません。

以下に簡単にその2つの返済期日のメリット・デメリットを記しました。

毎月指定日
(メリット)返済日が覚えやすいので「返済のど忘れ」を防げる。返済の計画が立てやすい。
(デメリット)返済予定日の15日以上前に返済しても次回の返済日が更新されないなど任意での返済に多少使いにくさがある。
毎月定期的に一定額を返済するサイクルができやすいので繰上げ返済をしなくなることも多い。

35日サイクル
(メリット)返済するたびに次回返済日が更新されるので積極的に返済していく人にとっては利便性が高い。
(デメリット)返済日を忘れやすい。前倒しで返済しないのであればトータルの返済額が増えやすい。

まとめると・・・

手間をかけずに安定的に返済していこうという人は「毎月指定日」を、完済を目指して積極的に返済していこうという人は「35日サイクル」を選択すると良いと思います。

 

【関連情報】
返済日より前に返すことはできる?
これだけ押さえれば完璧「アコムの返済」「プロミスの返済」「アイフルの返済

*Q&Aトップ


すぐ借りたい人に選ばれているキャッシング・カードローンは?

アコム
最短30分審査&即日融資。30日間の無利息期間や貸付残高No1の実績。
プロミス
テレビCMでもおなじみ。最短30分審査。
三菱東京UFJ銀行カードローン
銀行口座不要。使い勝手の良いカードローン。

▲TOP