自営業・フリーランスでも審査に通る?
キャッシング比較ならキャッシングの達人
「キャッシングの達人」なら、消費者金融から銀行まで全国で利用できるキャッシング・ローンを比較できます。また、キャッシング・ローンを賢く利用するための情報も豊富に掲載しています。
キャッシングの達人 > Q&A > 自営業・フリーランスでも審査に通る?

自営業・フリーランスでもキャッシングの審査に通る?

自営業やフリーランスの人は仕事が不安定だからキャッシングやカードローンは利用できないと考えている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

消費者金融は、以前は「サラ金」と呼ばれていました(最近はあまり言いませんね)。「サラ金」とは「サラリーマン金融」の略。つまり会社員のための金融機関といっても良かったわけです。

今でもそのイメージは残っていて、キャッシングやカードローンは雇用の安定した会社員しか利用できないと考えている人も多いようです。

しかし今では正社員の割合は下がり、派遣やアルバイト、自営業やフリーランスの人もかなり増えました。
そうした時代背景の中、今ではキャッシングやカードローンは正社員以外の人たちにも幅広く利用されるようになっています。

自営業やフリーランスの審査

キャッシングの審査では、安定した収入を重視しますから、やはり公務員や正社員が有利であることは間違いありません。
自営業やフリーランスの人の中には、普通の会社員より高収入の人も数多くいますが、安定性という面で比べるとあまり評価は高くありません。

とはいえ、キャッシングの審査で検討されるのはそうした安定性だけではありません。

信用情報、つまり過去にお金を借りた時に滞納などせずに返済していたか、という点はむしろ収入や安定性より重視されるポイントです。
正社員で収入が多くても、滞納が多くルーズな人に対しては審査が厳しくなりますし、逆に少額でも着実に返済していた人に対しての審査は寛大になります。

自営業やフリーランスの人も、収入や安定性で多少マイナスの評価を受けたとしても、過去に何度も滞納を繰り返したりしていなければ審査に通る可能性は高いと言えます。

また、独立してからの年数がある程度経っていたり、一か所に長く住んでいたりすると評価が良くなる傾向にあります。

収入が把握しにくいのが難点

さて、ではいくら借りれる(限度額)のでしょう?もちろん、これについても審査の上決定されますが、自営業やフリーランスでも上限は年収の3分の1だと理解しておきましょう。

ただし、自営業やフリーランスの人たちの収入というのは把握しにくいという問題点があります。
サラリーマンであれば、企業や役職などがわかればおおよその年収は把握できますが、自営業やフリーランスの場合はそうはいきません。

通常、金融機関側も年収は自己申告で、ある程度の借り入れ額に達しなければ(消費者金融の場合は1社から50万円以上)収入証明書の提出は求めませんが、自営業やフリーランスの人に対してはもう少し早い時点での提出を求めてくる可能性もあります。

(※詳しくは「審査で必要となる本人確認書類と収入証明書」参照。)

また、収入がどのくらいあるのかわからないので、最初のうちは限度額が低めに設定される可能性もあります。
5〜10万円程度なら比較的借りやすいかもしれませんが、最初から大きな金額を借りるのは難しいかもしれません。

事業資金としてのキャッシング

ちなみに借りたお金の使い道ですが、キャッシングやカードローンは基本的に「使途自由」、つまり使い道は特に問われませんから何に使ってもOKです。
もちろん事業用資金として使うことも可能です。

もっとも、事業用や投資用の資金として利用するには金利が高すぎますから、主な使い道としては事業資金としてであれば急な資金需要に対して、もしくはプライベートな利用のために利用するということになるのではないかと思います。

 

【関連情報】
誰でも借りれる?

*Q&Aトップ


すぐ借りたい人に選ばれているキャッシング・カードローンは?

アコム
最短30分審査&即日融資。30日間の無利息期間や貸付残高No1の実績。
プロミス
テレビCMでもおなじみ。最短30分審査。
三菱東京UFJ銀行カードローン
銀行口座不要。使い勝手の良いカードローン。

▲TOP