2社目のキャッシング
キャッシング比較ならキャッシングの達人
「キャッシングの達人」なら、消費者金融から銀行まで全国で利用できるキャッシング・ローンを比較できます。また、キャッシング・ローンを賢く利用するための情報も豊富に掲載しています。
キャッシングの達人 > Q&A > 2社目のキャッシング

2社目のキャッシングするなら?

2社目のキャッシングを検討する際に押さえておきたいポイントを整理しておきましょう。

低めに設定されることの多い限度額

通常、キャッシングの限度額は収入と信用で決まります。年収の3分の1を上限として、信用度が高いほど限度額が増えていくことになります。

(ちなみに、年収の3分の1という上限設定は銀行以外の金融機関に適用されるものであり、法律上は銀行のカードローンならそれを超えて貸し出しすることも可能ですが、通常は銀行の方が審査が厳しいこともあり事実上このラインが上限だと考えておいて問題ないでしょう。)

信用度を上げるには借入と返済の繰り返しの実績が必要です。
したがって、取引実績の浅いうちは信用度も低くなりますから限度額も低めに設定されているのが一般的です。

いくら収入があっても、初めて借りる場合にいきなり何百万円も借りれる人はほとんどいません。

つまり、借りたい額より限度額が低く設定されることはよくあるということです。

限度額の増額か2社目のキャッシングか

現在利用しているキャッシングの限度額を超えて借り入れしたいと思った場合、取れる選択肢は2つあります。
一つは「現在利用しているキャッシングの限度額を増額してもらう方法」。もう一つは「2社目の新たなキャッシングに申し込む方法」です。

一つ目の増額ですが、これが可能ならわざわざ新しいところに申し込むより手間が省けて良いのですが、上記に書いたように実績が少ないと増額が認められないこともありますし、また1社あたり50万円を超える借り入れには収入証明(源泉徴収票や給与明細など)の提出が必要になってきます。
これが面倒で複数社からキャッシングする人も多いといいます。

つまり、取引実績が浅い人、収入証明の提出が面倒な人は、2社目のキャッシングを検討する方が良いかもしれません。

2社目のキャッシングに申し込む際のポイントは?

2社目のキャッシングを申し込む際に気をつけておきたいことは、申し込み先の金融機関は、すでに1社目の借り入れ状況や過去の返済実績などの情報を知っているということです。

過去数年間の金融機関での借り入れ状況などは全て信用情報機関に登録されており、キャッシングの審査の際には必ずその情報が参照されます。

したがって、審査に通りたいからといって他社借り入れ状況などを偽って申し込みをすると審査に通らなくなります。

また、1社あたりの限度額が50万円を超えると収入証明の提出を求められると書きましたが、複数社合わせて100万円を超えても同じように収入証明の提出が必要になります。

収入証明の提出が必要になる条件
・1社あたり50万円以上の限度額設定。
・複数社合計で100万円を超える借り入れをする場合。

例えば、A社から40万円、B社からも40万円借りていて、さらにC社から30万円借りようとした場合には収入証明が必要。

何社まで借りれる?

これまで2社目のキャッシングについて見てきましたが、3社目以降のキャッシングについてはどうでしょうか?

例えば、年収300万円の人は100万円まで借りることができるわけですから、1社あたり10万円を10社から借りても法律上は何ら問題ありません。
ただし、実際には2社目は特に問題ありませんが、3〜4社目になってくるとだんだん審査も厳しくなっていきます。おそらく現在では5社目以上で審査に通る人はほとんどいないでしょう。

 

【関連情報】
どこで借りたらいいですか?
即日キャッシング、最短で借りる方法

*Q&Aトップ


すぐ借りたい人に選ばれているキャッシング・カードローンは?

アコム
最短30分審査&即日融資。30日間の無利息期間や貸付残高No1の実績。
プロミス
テレビCMでもおなじみ。最短30分審査。
三菱東京UFJ銀行カードローン
銀行口座不要。使い勝手の良いカードローン。

▲TOP