ご祝儀やお香典
キャッシング比較ならキャッシングの達人
「キャッシングの達人」なら、消費者金融から銀行まで全国で利用できるキャッシング・ローンを比較できます。また、キャッシング・ローンを賢く利用するための情報も豊富に掲載しています。

ご祝儀やお香典のためのキャッシング必勝法

冠婚葬祭では、ご祝儀やお香典などお金が必要になることがあります。
ある程度相場が決まっていますが、たいてい数万円単位になり、タイミングによってはその出費が難しい場合もあるでしょう。

そんな時にキャッシングを利用する場合の注意点や必勝法について、ここで見ていきましょう。

ポイント1 相場を確認しよう
ポイント2 大手消費者金融がオススメ
ポイント3 一括返済してしまおう

1.相場を確認しよう

結婚式に呼ばれた場合、いくら包むかは悩みどころでしょう。ご祝儀の目安は、式を挙げる人との関係、年齢、披露宴の会場などによって変わってきます。
一般的な目安は下記の通りです。

結婚式ご祝儀の目安
友人の場合、3万円
部下・後輩の場合、3万円〜5万円
親族の場合、兄弟なら5万円、夫婦で出席なら10万円

香典の金額は、故人や遺族との関係の深さ、包む側の年齢や社会的地位、葬儀の規模、地域のしきたりによって変わってきます。一般的な目安は下記の通りです。

お香典の目安
会社の上司またはその家族の場合、1万円
職場関係の場合、5千〜1万円
親しい人の場合、1~3万円
友人・隣人の場合、5千円

2.借りるなら大手消費者金融がオススメ

ご祝儀やお香典など、数万円程度の少額のキャッシングの場合、大手消費者金融のキャッシングを利用するのがオススメです。

【理由その1】申し込みから借り入れまでの期間が短い。
大手消費者金融のキャッシングは、早ければ申し込み当日にキャッシングすることが可能ですから、急にお金が必要になっても対応可能です。

【理由その2】無利息キャンペーンを利用すれば利息が0円。
大手消費者金融の多くは、初めて利用する人に30日間無利息で借りれるキャンペーンを実施しています。どうせなら無利息で借りてしまいましょう。

(詳しくは「1〜5万円借りたいときに押さえるべきポイント?」参照)

3.一括返済してしまおう

キャッシングには利息がかかりますから、借りている期間が長ければ長いほどトータルの支払額は増えていきます。ですから、翌月の給料などで返済が可能ならすぐに全額返済してしまいましょう。

毎月少しづつ返済した方が痛みを分散しているぶん楽に感じますが、トータルでの支払額は増えてしまいます。

例えば3万円を借りて毎月2,000円ずつ返済した場合、完済までに18ヶ月かかり、トータルで34,175円支払うことになります。
一方、借りた3万円を翌月に一括で返済すれば、支払額は30,438円で済みます(無利息期間を利用すれば3万円のみ)。

 

【関連情報】
目的別キャッシング必勝法
無利息期間があるキャッシング

*キャッシング基礎知識トップ


すぐ借りたい人に選ばれているキャッシング・カードローンは?

アコム
最短30分審査&即日融資。30日間の無利息期間や貸付残高No1の実績。
プロミス
テレビCMでもおなじみ。最短30分審査。
三菱東京UFJ銀行カードローン
銀行口座不要。使い勝手の良いカードローン。

▲TOP