借金返済のためのキャッシング必勝法
キャッシング比較ならキャッシングの達人
「キャッシングの達人」なら、消費者金融から銀行まで全国で利用できるキャッシング・ローンを比較できます。また、キャッシング・ローンを賢く利用するための情報も豊富に掲載しています。
キャッシングの達人 > キャッシング基礎知識 > 借金返済のためのキャッシング

借金返済のためのキャッシング必勝法

キャッシングの目的として「借金返済のため」というものをあげる人は実は結構多い。借金がない人から見たら「え〜ホント?」となるかもしれませんが、借金がある人からすれば「あるある」です。

ここではそんな「借金返済のためのキャッシング」についての必勝法を紹介していきます。

ポイント1 借金返済のためのキャッシングは自転車操業であり危険
ポイント2 借りれるのは年収の3分の1まで
ポイント3 闇金には絶対手を出さない

1.借金返済のためのキャッシングは自転車操業であり危険

キャッシングやカードローンは、大抵軽い気持ちで借り初めて、はじめのうちはすぐに返済しているものの、だんだん借り入れ額が増えてしまって、返済が遅れるようになってしまうということがあります。

借り入れ額が少額であれば返済の負担も少なくて済みますが、借り入れ額が増えてくると返済の負担も増してしまいます。
そうなってくると、返済日に返済額を用意できなくなることがあります。そしてそうなると、新たな他社から借金をして、それで返済するということがよく行われると思います。

これは決して珍しいことではありませんが、これはいわゆる「自転車操業」と言われるもので、この状態になると危険だということはしっかりと理解しておく必要があります。

自転車操業になると借金が一気に加速するからです。過去に自己破産した人たちもここから一気に借金が膨らんだと話しています。

2.借りれるのは年収の3分の1まで

とはいえ、現在では自己破産者を減らすために「借りれるのは年収の3分の1まで」と法律で決められています。例えば年収が300万円の人に対しては上限100万円までしか貸し出してはいけないということです。

つまり、以前に比べて「借金返済のための借金」というものがやりづらくなったということです。この水準であれば、自己破産せざるをえないほど取り返しのつかない状態にまでは陥らずに済みます。

3.闇金には絶対手を出さない

「銀行のカードローンに申し込んで審査に落ちたので消費者金融に申し込んだら審査に通った」ということはあるでしょう。ただし逆はあまり考えられません。
つまり、消費者金融に申し込んで審査に通らなかった場合は、もうどこに申し込んでも借りれない可能性が高いということになります。

ここで闇金には絶対に手を出してはいけません。闇金なら貸してくれるかもしれませんが、後で絶対に後悔する結果が待っています。闇金に手を出すくらいなら滞納しましょう。

まとめ

借金返済のためのキャッシングは非常に危険ですが、現在は法律により借り入れ額が膨らみすぎないような制度になっていますから、一気に自己破産ということにはならないでしょう。
ただし、借金返済のためにキャッシングしようとする状態は、すでにお金の巡りが健全でなくなっている水準に達しているということでもあります。ここら辺で立て直しが必要だと認識しておきましょう。

 

【関連情報】
改正貸金合法でよくなったこと・困ること
闇金とは?

*キャッシング基礎知識トップ


すぐ借りたい人に選ばれているキャッシング・カードローンは?

アコム
最短30分審査&即日融資。30日間の無利息期間や貸付残高No1の実績。
プロミス
テレビCMでもおなじみ。最短30分審査。
三菱東京UFJ銀行カードローン
銀行口座不要。使い勝手の良いカードローン。

▲TOP