プロミスの返済
キャッシング比較ならキャッシングの達人
「キャッシングの達人」なら、消費者金融から銀行まで全国で利用できるキャッシング・ローンを比較できます。また、キャッシング・ローンを賢く利用するための情報も豊富に掲載しています。
キャッシングの達人 > キャッシング基礎知識 > プロミスの返済、ポイントまとめました。

プロミスの返済、ポイントまとめました。

プロミスの返済方式は残高スライド元利定額返済方式

プロミスが採用している返済方式は「残高スライド元利定額返済方式」で、これは借入残高に応じて返済額が変動する返済方式です。

借入金残高×一定の割合=各回の最低返済金額(千円未満切り上げ)

※一定の割合=「借入残高1〜30万円の場合3.61%」、「借入残高30万超〜100万円以下の場合2.53%」、「借入残高100万円超の場合1.99%」。

例1)借入残高10万円の場合
10万円(借入金残高)×3.61%(一定の割合)=3,610円 → 4,000円(千円未満切り上げ)が各回の最低返済金額
例2)借入残高50万円の場合
50万円(借入金残高)×2.53%(一定の割合)=12,650円 → 13,000円(千円未満切り上げ)が各回の最低返済金額

最低返済金額は会員サービスでも確認できる
各回の最低返済金額は上記のような計算式で求められますが、わざわざ自分で計算しなくても確認できます。

借入残高が減れば最低返済額も減っていく
返済が進んで借入残高が減れば、それに伴って最低返済金額も減っていきます。

最低返済額より多く返済してもOK
返せるときに少しでも多く返していくことが大事。早く返せば返すほどトータルの支払額は少なく済む。

プロミスの返済方法

プロミスで可能な返済方法は下記の5つ。

インターネット返済
手数料無料でインターネットバンキングを利用して24時間いつでも返済ができる。利用可能金融機関は、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行。※利用する場合は利用しているネットバンキングが対応しているか要確認。→インターネット返済について(プロミス)
口座自動引き落とし
毎月の返済日に手数料0円で返済額を自動で口座振替(自動引き落とし)。プロミスインターネット会員サービスからの申し込みも可能。
提携ATM
銀行・・・三井住友銀行(手数料無料)、三菱東京UFJ銀行、セブン銀行、イオン銀行、他。
コンビニ・・・セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、スリーエフ、他。
※提携ATM利用手数料=108円(1万円以下)、216円(1万円超)。
店頭窓口・ATM
お客様サービスプラザ(店頭窓口)では相談しながらの返済も可能。店舗・ATMの検索は「プロミス店舗・ATM検索」で。
振り込み
銀行ATMから指定口座へ振り込みで返済。口座番号は会員サービスよりご確認。 振込手数料がかかる。

プロミスの返済方法について押さえておきたいポイントは下記。

自分にとって利用しやすい返済手段があるか
ットバンキングなら自分の銀行が、コンビニならよく使うコンビニが使えるかなど、自分が利用しやすい返済手段が利用できるかどうかは要チェック。返済は毎月のことなので、手間がかかる返済手段しかないと後で面倒な思いをすることに。

手数料無料で利用できる返済手段がベター
提携ATMと銀行振込は手数料がかかるのでできれば避けたい。チリも積もれば山となります。

インターネット返済がベスト
手数料無料で24時間いつでも自由にネットから返済できるインターネット返済が最も便利。

三井住友銀行ATMが手数料無料
プロミスは三井住友銀行のATMが手数料無料で使えるので利用していきたい。

口座振替も使いやすいが・・・
口座振替も手数料無料など使い勝手は良いが、毎回最低返済額しか返済しなくなり返済が長期化・最大化しやすいというデメリットがある。

返済期日は、5日、15日、25日、末日の中から選択

プロミスの返済期日は、5日、15日、25日、末日の中からいずれかを選びます。(三井住友銀行またはジャパンネット銀行以外の金融機関からの口座振替による返済の場合は5日。)

通常は、確実に返済できるように給料日やその数日後などに合わせるのが一般的です。

返済期日お知らせメール

パソコン・ケータイ・スマートフォンのメールに、ご返済期日を事前に知らせてくれるサービス。
支払い期日はうっかり忘れてしまいやすいものです。支払い期日が過ぎて焦ることがないようにぜひ利用しましょう。返済期日の7日前から前日までのご希望日を指定できます。会員サービスにログインして「返済日お知らせメール」から配信希望日と時間帯を入力すれば設定完了です。

支払いが遅れたら

登録した連絡先に担当者から個人名で連絡が来ます。電話が難しい場合には「事務センター」などの名前で郵送で連絡が来ます。

支払いが遅れそうな場合や、今月は少し苦しいので返済額を少し減らしたい場合など、返済について何か相談がある場合は、早めに「プロミスコール(0120-24-0365)(受付時間:平日 9:00~18:00)」に電話して相談してみましょう。

何はともあれ繰上げ返済を目指そう

毎月の返済額は最低返済額を上回っていればいくら返済しても構いません。返済期日もそれより早く返済しても構いません。とにかく、できるだけ繰上げて返済することがトータルの支払い額を減らしてくれます。

チャンスが来たら一括返済

返済が進んでいくと毎月の最低返済額はどんどん少なくなっていきます。だからといって何もそのまま少しづつ返済していく必要はありません。返せると思ったら一括返済してしまいましょう。

 

【関連情報】
リボルビング払いとは?
返済方式とは?
プロミス解約まとめ
プロミスの金利みんないくらで借りてる?


*キャッシング基礎知識トップ


すぐ借りたい人に選ばれているキャッシング・カードローンは?

アコム
最短30分審査&即日融資。30日間の無利息期間や貸付残高No1の実績。
プロミス
テレビCMでもおなじみ。最短30分審査。
三菱東京UFJ銀行カードローン
銀行口座不要。使い勝手の良いカードローン。

▲TOP