キャッシングの達人への道
キャッシング比較ならキャッシングの達人
「キャッシングの達人」なら、消費者金融から銀行まで全国で利用できるキャッシング・ローンを比較できます。また、キャッシング・ローンを賢く利用するための情報も豊富に掲載しています。
キャッシングの達人 > キャッシング基礎知識 >キャッシングの達人への道

キャッシングの達人への道

あなたは大丈夫ですか?

キャッシングの達人(=キャッシング・マスター)とは、お金に関するしっかりとした知識を持ち、必要な時に必要なだけ、最も自分に合った業者からキャッシングを行い、しっかりとした返済計画を持っている者のことを差します。

当然、借り入れゼロで貯蓄の達人とでもなりたいところですが、、やむを得ずキャッシングするときには、すかさずキャッシングの達人に変身しましょう。現代生活においては、多少の現金の不足は日常的なものとなっていることから、キャッシングの達人となることは、すなわち自分の生活をサポートする術を身に付けるということに他なりません。
つまり、雇用や収入の安定しない現代生活において「キャッシングの達人」になることは必要なスキルと言い換えても言い過ぎではないかもしれません。

次に挙げた「キャッシングの達人の心得」では、キャッシングをする際に心がけておきたいポイントを紹介してあります。自分の身を守るためにも是非一度読んでみてください。

キャッシングの達人の心得

■必要以上のキャッシングをしない。キャッシングして得たお金を自分が稼いだお金と勘違いしない
■絶対に怪しい業者に手を出さない
■現在の自分の借入額は正確に把握している。(意外とよくわからないという人は多いです。毎月の返済額が収入の20%を超えたら注意。)
■余裕があるときは多めに返済する。(返済が長引けば長引くほど総支払額が増えてしまい損をします)
■もし、返済に遅れそうな場合は、あらかじめ業者に連絡して誠意を見せる。(誠意を見せれば、相手も人間ですから何とかしてやろうという気持ちにはなります。)

番外編「借りる前と借りた後の力関係の違い」

消費者金融などにキャッシングを申し込むと、実際の言葉使いや態度は別として、申込者の「お願いします。貸してください。」といった姿勢に対して、業者側は「貸すか貸さないかコチラで決めます。」という立場。さらに融資するにしても「アナタは50万円希望してるけど、20万円までなら貸してあげますよ。」といったところ。ここまでの力関係は確実に業者側のほうが上。申込者がいくら泣きつこうが騒ごうが、全ての決定権は業者側が握っているわけです。

しかし、いったん融資を受けてしまうとその立場は完全に逆転。いくら返済の責任があろうとも、返すか返さないかを最終的に決定するのはアナタ自身。業者側がお願いして返してもらうという構図になります。業者側が泣こうが騒ごうが、アナタが返さないと決めたら、いろいろと不都合はあるものの業者側はもうお手上げ状態です。

キャッシングの貸す側と借りる側の不思議な力関係を紹介しましたが、もちろんキッチリと返済を行うことがベストなのは言うまでもありませんのでご注意を。


*キャッシング基礎知識トップ


すぐ借りたい人に選ばれているキャッシング・カードローンは?

アコム
最短30分審査&即日融資。30日間の無利息期間や貸付残高No1の実績。
プロミス
テレビCMでもおなじみ。最短30分審査。
三菱東京UFJ銀行カードローン
銀行口座不要。使い勝手の良いカードローン。

▲TOP