2007年融資残高ランキング
キャッシング比較ならキャッシングの達人
「キャッシングの達人」なら、消費者金融から銀行まで全国で利用できるキャッシング・ローンを比較できます。また、キャッシング・ローンを賢く利用するための情報も豊富に掲載しています。
キャッシングの達人 > もっと知りたい > 2007年融資残高ランキング

もう存在しない会社ばかり!2007年の消費者金融融資残高ランキング

消費者金融業界が激変する直前の融資残高ランキングです。この後この中の多くの会社が倒産・撤退していくことになります。

2007年融資残高ランキング

順位 会社名 融資残高
アコム 1,494,399
武富士 1,431,848
アイフル 1,298,611
プロミス 1,193,876
CFJ(ディック、アイクなど) 1,000,000
GEコンシューマー・ファイナンス(レイク) 700,000
三洋信販(ポケットバンク) 390,420
オリックスクレジット 350,000
モビット 237,824
10 シンキ(ノーローン) 176,427
11 三和ファイナンス 150,000
12 アットローン 136,970
13 アエル 130,000
14 セゾンファンデックス 119,000
15 クオークローン 117,962
16 クレディア 101,877
17 楽天クレジット 91,100
18 エイワ 84,716
19 DCキャッシュワン 82,698
20 ワイド 80,953
21 GMOネットカード 80,321
22 丸和商事 59,135
23 ゼロファースト 59,120
24 しんわ 58,674
25 トライト 54,674
26 キャスコ 45,532
27 ステーションファイナンス 38,212
28 日本プラム 30,409
29 ワールド 26,856
30 新洋信販 26,501

※融資残高は100万円。

もはや存在していない会社ばかり・・・

このランキングは2007年のものであり、当時は利息返還請求の急増、改正貸金業法などを巡って消費者金融業界が大荒れの状況でした。
このあたりを境に多くの消費者金融が廃業に追い込まれていきます。

この中で現在も存続しているのは、アコム、アイフル、プロミス、オリックスクレジット、モビット、シンキの6社だけだと思われます。
業界上位30社のうち、その後数年間で生き残ったのはたった6社だったということになりますね。

この後数年でどれだけ業界に激震が走ったのかがわかります。

当時を振り返って

それにしても懐かしい顔ぶれです。当サイトは2002年から運営していますから、この当時もキャッシング比較サイトとしてこれらの消費者金融を掲載していました。
従ってこのランキングを見ると色々なことが思い出されます。

ランキング5位のCFJはネットでの集客に積極的な会社でしたし、逆に武富士はネットでの集客に消極的で最後の方でやっと乗り出してきた印象があります。

他には、8位のオリックスクレジット、9位のモビット、12位のアットローンあたりもネットでの集客に積極的だった印象があります。
また、16位のクレディア、27位のステーションファイナンスはネットに力を入れようと頑張ったもののうまくいかなかったというイメージがあります。

18位のエイワ、24位のしんわ、25位のトライト、26位キャスコあたりは、一時期当サイトでも少し広告を掲載した記憶がありますが、広告費の支払いに関して信頼できない相手だった記憶があります。
この辺りには企業体質が現れますから、信頼感のなかった会社は結局全て倒産しました。

また、当時はテレビコマーシャルも競い合うように流していましたから消費者金融のCMが話題になることも多々ありました。
たとえば、チワワのCMで話題になったアイフル、武富士ダンサーズが踊りまくるCMが話題になった武富士、サッカーのドイツ代表オリバーカーンが出演していたシンキ(ノーローン)のCMも一時期注目を集めました。

こうして改めて過去を振り返ってみると時代は流れているんだということを実感します。
たまにはこんなのもいいですね。


*もっと知りたいトップ


すぐ借りたい人に選ばれているキャッシング・カードローンは?

アコム
最短30分審査&即日融資。30日間の無利息期間や貸付残高No1の実績。
プロミス
テレビCMでもおなじみ。最短30分審査。
三菱東京UFJ銀行カードローン
銀行口座不要。使い勝手の良いカードローン。

▲TOP